蜜柑果汁200%♪(詩集)

2020年3月30日(月)
【最後の刻】




白い空間の中に、漂い続ける。


貴方の声が木霊する。


私の名前を呼んでるの?


その声は何故か泣いているような、悲しげで。



泣かないで?


そんな悲しげな声で私を呼ばないでよ・・・。


私は貴方のその声を聞くのは嫌だよ。


あなたには笑っててほしい。



ふと、目の前に死んだはずの両親。


刹那、悟る。


私がここに居る理由。貴方の声が悲しげな理由。




そっか・・・。わたしは・・・・。



ね、聞いて。


例え、私が居なくなっても。明日は必ずやってくるから。



雨は必ず上がり、いつかは太陽が射す。

わたしが・・いなくなっても・・・・。


どうか、どうか・・・笑っていてください。


笑って・・・しあわせに・・・。






ツーツー。 頬に熱い雫。



ふえ・・・もっとあなたと居たかったな・・・・・・。



最後の刻(とき)。



あなたとわたしの嗚咽を最後に。




わたしのいしきは、とぎれた・・・・・・・・・・・。






3/30^13:34
[コメントする]
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++